ステンドラジェネリックの入手方法は?

ステンドラの入手は日本では容易ではありません。

ドラックストアに置いてある医薬品と同様に市販されているのでは?と考える方もいるかと思いますが、市販されていないだけでなく専門のEDクリニックでも買うことはできません。

まだ国内での流通が認められていないため、入手したいなら個人輸入か個人輸入代行業者の通販サイトから購入することになります。

「個人輸入」は自分で海外販売店や製薬会社に連絡をして、購入から発送までの手続きを全て行うことですが、代行業者はその名の通り、それらの面倒な手続きを最後まで肩代わりしてくれるサービスをおこなっています。

聞きなれない人も少なくないでしょうが、カートに欲しい薬を入れて購入手続きをするだけなので、普通の通販サイトと同じ手軽さで購入できます。

今や日本ではAmazonや楽天市場などによるネットショッピングが当たり前に展開していますし、自分で動かなくても欲しい医薬品が手に入るのは嬉しいところです。

ただ、国内通販と違って海外から発送されるため、以下の注意点もあります。

  • 到着に時間がかかる(2週間〜1ヶ月)
  • 送料が1,000円ほど(海外のブローカーから直送されてくるため)
  • 一回の購入ごとに変える量が決められている
  • 薬事法により薬の譲渡が規制されており、友人や家族など他人用に買うことはできない
  • 値段の変動がある(為替レート変更により)

薬には「医薬品副作用被害救済制度」と呼ばれる、万が一の時の助成金が設定されていることが多いのですが、個人輸入で購入した薬にはこの規定は適用されません。

よって、何があっても自己責任と言う点に注意が必要です。

仮に体調に異変を来たすことがあっても、販売元を訴えることはできません。また、個人輸入で日本に入ってくる半分ものED治療薬が偽物か粗悪品というデータもあるため、失敗しないためにも評価の高い信頼できる個人輸入代行業者から買うようにしましょう。

ステンドラジェネリックの通販

ステンドラジェネリックの種類

ステンドラジェネリックの種類海外ではステンドラが一般的に流通しているだけでなく、既にジェネリック医薬品も開発されています。

ジェネリックは値段が安いことが特徴で、先発薬ステンドラより安価な値段で売られているため、経済的な事情からステンドラジェネリックを選ぶ人も少なくないことをご存知でしょうか。

いわゆるステンドラのように先に開発されたものを「先発薬」と言いますが、先発薬よりも先にそのジェネリック(後発薬)の処方の許可が下りるということはまずありません。

国内ではバイアグラのジェネリックのみ開発・販売が許可されています。2018年にED治療薬であるレビトラのジェネリック販売がようやく許可されるという話もありましたが、未だ実現してはいません。

そのため、アバナに関してもステンドラが国内で許可されていない現状で承認されることはまずあり得ないため、ステンドラが承認された後に流通が許可されると考えられています。

人気No.1ステンドラジェネリック:アバナ

一番人気のステンドラジェネリック「アバナ」ステンドラには、ステンドラの有効成分の名前と同じアバナフィルというジェネリックが存在し、通称「アバナ」と呼ばれています。

日本でも通販でステンドラのジェネリックを入手することは可能で、その中で最も人気なのが、このアバナです。
アバナの剤型は赤で、形は三角形です。

用量は100mgのものが人気で、効き目が他のED治療薬と比べて早いという点でシェアを伸ばし続けています。

飲みやすさという点でも、ステンドラに比べてアバナに分があります。
ステンドラはボトル状となっているため性行為の前に飲むものとしては飲みにくく、一方で「アバナ」はシートに入っているため飲みやすいという特徴がありますので、性行為前スマートに飲みたい人はアバナがオススメです。

ステンドラジェネリックの多様な種類

ステンドラジェネリックの中でも最も人気が高いのがアバナですが、ステンドラのジェネリックは「アバナ」だけではありません。

ドラスマやエクストラスーパーアバナ、スーパーアバナ、トップアバナ、またズデナと言ったものも代表的なステンドラジェネリックとして知られています。

エクストラスーパーアバナやスーパーアバナ、またトップアバナには「ダポキセチン」と呼ばれる有効成分が入っていて、勃起不全の改善だけではなく早漏改善効果も非常に高くなっています。

主にインドでも使われ、早漏を同時に改善できることから人気が高いステンドラジェネリックです。

ステンドラジェネリックのメリット

ジェネリック医薬品の特徴は、その値段の安さにあります。

新薬の開発には膨大な時間が必要となりますが、ジェネリックはその「コピー版」であるため、その開発期間を非常に短くできます。
費用を販売価格に転嫁することがなく安く提供できるのは、そう言った理由があります。

そしてジェネリックは、必ず先発薬と同様の効き目や副作用を持つように設計されているため、その安全性もしっかり担保されています。
先発薬と違って、ジェネリックはその形状や飲み方に工夫が施せる点もメリットの内の一つでしょう。

例えば日本ではフルーツの味をさせたり、水分不要で飲み込めるジェネリックなども開発されています。

海外のジェネリックは日本以上に「装飾」が施されており、スーパーアバナのように、ステンドラのジェネリックに早漏を防止する効能を加えて販売されているものもあります。

早漏改善効果のあるステンドラジェネリックは、ED治療約と早漏治療が一緒にできてお得なためとても高い人気を誇っていますが、早漏ではない人は服用を控えるようにしましょう。

服用すると逆に遅漏になったり、勃起が止まらないといった負の側面があることが報告されているためです。
さらに混合型のジェネリックは便利な反面、副作用が強く出やすいというデメリットもあります。

個人輸入は全て自己責任となっておりますので、購入の際には必ず副作用等のリスクを踏まえて購入する薬を検討するようにしてください。

なおステンドラは、同じくED治療薬であるバイアグラと比べて副作用が少ない点が知られています。

ステンドラのジェネリックはED治療に加えて他の効能(有効成分)が追加されていることがありますが、場合によっては副作用が少ないというメリットを無碍にしてしまう可能性があるため、早漏に悩んでいないならED治療に特化したステンドラジェネリックを購入することをおすすめします。

ステンドラの飲み方

ステンドラの飲み方には幾つかの注意点があります。

まずは飲むタイミングです。理想は性行為のおよそ30分〜1時間前に飲むことで、その理由としては含有成分が早くて15分、遅くとも1時間ほどで効いてくるためです。
連続して飲むことは控えるようにしましょう。

また1日の服用限度は1回です。次に使うまでに、24時間以上空けることにも注意してください。
さらに、PDE5阻害剤には「併用禁忌」と呼ばれる一緒に飲むことに注意を要するものもあります。

特に硝酸剤の服用者は注意が必要です。

またAGA治療薬として知られる「ザガーロ」や「プロペシア」を使っている方も注意しましょう。

服用の際は、水かぬるま湯で飲みます。グラス一杯の赤ワインやビールの小瓶1本分程度でしたら、事前にアルコールを飲むことは認められています。

アルコールを飲んだほうが薬の巡りが良くなるという報告もありますが、適度な飲酒を心がけるに越したことはありません。

そして初めて使用する方は、100mgの使用が推奨されています。
ただこれは欧米の基準であり、小柄な日本人にとっては多すぎる量であるため効果が効きすぎる場合は25~50mgにして使ってみて下さい。

ステンドラの副作用

ステンドラの副作用どんな薬にも副作用と呼ばれるものの存在は認められており、ステンドラもその例外ではありません。
特に、めまい・紅潮・ほてり・目の充血・頭悸・鼻づまりといった他のED治療薬と同じような症状が出ることが報告されています。

副作用の発生原因として考えられるのは血管の拡張です。
血液が流れる量が増加することで、上記のような副作用が出ると考えられています。

しかし誰にでも起きるものではなく、服用者の10~15%に現れる「効き始めのサイン」といった比較的軽いものとして捉えられています。
重症化することもないため、時間とともに治ってきます。

頭痛がひどい場合は、市販のロキソニンなどの痛み止めを飲むことも有効です。

ステンドラは、英語圏でも「副作用の少ないED治療薬」として知られており、用法用量を守って正しく使えば悩める男性の強い味方となるED治療薬になります。
ただ、ごく少数の方に一過性の視覚異常が起きる場合があります。
しかし、ほとんどの場合は半日を待たずに回復するため、さほど気にしなくても良いでしょう。

万が一立ち眩みや頭痛が激しかったり、目やにや目の痛みがひどい場合は、直ちに服用を止め、病院に行って診断を受けてください。

第4ED治療薬ステンドラについて

ステンドラは、バイアグラ、レビトラ、シアリスに続いて発売された第4のED治療薬と呼ばれる勃起薬です。
近年では個人輸入代行サービスによる通販も盛んになってきているため、日本でもなじみの深い薬となってきています。

開発をしたのは、日本の田辺製薬という企業です。
しかし2012年に開発権利と販売権をアメリカ企業に譲渡し、譲渡先のヴィヴィス社は日本およびアジアの一部を除く全地域での販売権を手にしました。

日本企業が開発を手掛けた薬ということもあり、アジア人向けのED治療薬として親しまれています。

ステンドラは国内ではまだ承認されておりません。
一方アメリカでは処方が許諾されており、ヨーロッパ諸国やお隣の韓国でもその処方が認められています。

その効果は勃起力向上や維持を助けることにあり、勃起が長く維持できるという特徴があります。
また即効性もあるため、バイアグラやレビトラよりも早く効果を期待できるというメリットもあるED治療薬です。

アバナフィルを主成分としており、EDの原因とも言える酵素に体内から作用し陰茎への血流を増やすことで通常通りの勃起をおこなうことが可能になります。

基本的な成分の働きは同じですが、それまでに出ていたED治療薬の良い点を合わせた薬なので、次世代型ED治療薬としてますます注目されているED治療薬です。

薬局・ドラッグストアでの取り扱い

薬局・ドラッグストアでの取り扱いステンドラは「医療用医薬品」と呼ばれるタイプの薬です。

「医療用医薬品」とは医師が許可しなければ処方されない薬のことで、日本で許可されているED治療薬も全て「医療用医薬品」に当てはまります。
ジェネリックも同様に「医療量医薬品」であり、薬局などで購入することができません。

中には個人輸入代行業者を利用して店頭にED治療薬を並べている調剤薬局もあります。

しかし数自体は極めて少数です。
そのため一般の人がED治療薬を購入する場合は、個人輸入代行サービスの通販で買うのが普通と言えるでしょう。

個人輸入は自己責任でありリスクは高い一方、手軽さというメリットもあります。
輸入と聞くと大仰に聞こえますが、実態は単なるネットショッピングと一緒で、商品をカゴに入れて決済するだけといたって簡単です。

誰にも知られず買えるので、下半身の悩みを密かに解決するなら通販で購入するのが一番と言えます。

更新日:

Copyright© ステンドラジェネリック通販ナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.