ED(勃起不全)になる原因

更新日:

ED(勃起不全)は、世の中の男性にとって重大な悩みの1つです。

EDを引き起こすことによって、自身の性欲を満たせなくなるだけではなく、相手との関係が悪くなる、男性としての自信が無くなるなどと非常に危険な状態に陥ることも珍しくありません。

EDが起こる理由として、日常生活での問題であったり、思ってもいないことが原因だったりとさまざまなものがあります。

しかし、EDを発症している人やEDの疑いがある人は決して焦らなくても大丈夫です。
まずは、自身の生活や過去の経験を振り返り、どこに原因があるのかを考えてみましょう。

日常生活のストレスがEDの大きな原因になり得る

勃起をしない原因さえ発見できれば、その原因を克服することでEDの改善は可能です。
最も一般的なEDの原因は、『精神的要因』です。
具体的には「日常生活への不安や苛立ち」「人間関係から生まれる精神的な疲労」「仕事で生じるストレス」などが考えられます。

これらは、社会にいる全員が経験したことがあるでしょう。
また性経験の少なさや性的なコンプレックスを持っているなど、性に関する悩みも精神的要因の枠組みの中に入ります。

今の社会の中で1番気にかけないといけないのが、精神的な疲労やストレスです。
ストレス社会が構築されている現代社会では、精神面での負担を感じやすいのが現状にあります。

精神的な疲労やストレスがいつの間にか発散されることもあれば、「音楽を聴いてリラックスする」「十分な睡眠時間を確保する」などを自分自身で心掛けることでコーピングできることもあります。


しかし、絶え間なくストレスが加わる環境だと、自分1人だけでは緩和させることができずにEDを引き起こすケースが見られます。
たとえば、毎日理不尽なことを職場の上司から命令されていると、当然ながら精神的な疲れが溜まります。

営業先の人など誰かを接待する場合、普段以上に注意を払うので気疲れした経験のある人はいるでしょうか。
ほかにも、苦手な同期や上司がいた場合、その人と会話をすること自体が些細なストレスに感じることも積もり積もれば大きなストレスになります。

このように、仕事をすることに焦点を当てただけでも、色んな形でストレスを受け疲弊する方も多いのではないでしょうか。

精神的要因によるEDは、神経のバランスが乱れることによって起こると考えられていますので、誰かに話を聞いてもらったりカウンセリングで適切なストレス昇華法を教えてもらうだけで良くなることもあります。

過去のトラウマやコンプレックスが原因になることも

交感神経と副交感神経のバランスは、継続的なストレスの積み重ねや短期的にストレスを強く感じると崩れてしまいます。
勃起は、特に副交感神経が関係する生理的な現象です。
副交感神経が交感神経よりも優勢に働く、つまり活性化することでスムーズに勃起が起こります。

交感神経は緊張や不安、苛立ちを感じることによって活発に働きます。
そのため、不安や緊張をはじめとするストレスを感じると交感神経が強く働き、副交感神経よりも優位に立ちます。

つまり、性的刺激が与えられても、継続的なストレスや短期的に強いストレスを受けていると、交感神経が副交感神経を凌ぐため、勃起が続かないのが基本的な仕組みです。

人間の意識には、『深層心理』と呼ばれる領域がありますが、深層心理とは自分自身で自覚できるものではなく、無意識的に脳に働きかけ自身ではコントロールできない心理のことを指し、過去のトラウマチックな体験といったネガティブなものによって形成されることが多くあります。

自覚が困難なので気づきにくいですが、実はこのような深層心理もEDの原因の1つになります。
特にEDの原因になりやすいのは、性的暴行の経験や過去の性行為での失敗など、性に関する深層心理です。

メンタルの影響は体の調子にもおよぶ

次に、精神的要因と身体的要因が交差してEDが起こることもあるので、覚えておくといいでしょう。

精神的なストレスと生活習慣病は代表的なEDになる要因として挙げられます。
特に多い発症例は、身体的な問題でEDを患い、それによって精神的に疲労し病状が悪化するものです。
たとえば、動脈硬化によるEDを患うと、自分自身の性的欲求を満たせないかつパートナーを満足させてあげられないことに対して焦りや苛立ちといった感情が生まれます。

すると、最初は動脈硬化での血行不良のみを原因としていたEDが、お互いの欲求を満たすことができないという強いストレスが原因で神経バランスが崩壊し悪化する、ということが起こります。

他にも、本人の過度な思い込みによってEDを引き起こす場合もあります。
EDの発症率は、健康な人よりも高血圧などの生活習慣病の人の方が高いと言われています。

とはいえ、生活習慣病にかかったら絶対にEDになるわけではありません。
しかし、自分自身の生活習慣病が発覚したことで、EDになると強く思い込む人も少なくありません。
実際にEDを発症する人は、この強い思い込みによって一時的に強いストレスが生まれて起こります。

「病は気から」という言葉はあながち嘘ではありません。
過度な思い込みで精神的に自分を追い詰めるのはやめましょう。

またEDと直接的に関係のない病気を患った場合でも、精神の状態が乱れてEDを引き起こす可能性があります。

たとえば、重度の病気や怪我によって入院生活が長期間になる場合、ネガティブな感情がいくつも浮かんでくるでしょう。
仕事を長い間休まないといけない『罪悪感』や『焦燥感』、治療や手術が成功するのかという『不安』などを抱える人もいるでしょう。
他にも、治療の過程や退院後のリハビリ生活において、精神的につらいことは容易に想像できます。

このようなことで発生する精神的な負担が強いストレスへと変化し、EDを発症させてしまう原因にもなりかねません。

このように、精神的要因と身体的要因が交差してEDを発症している場合、身体的要因が根本的な原因となっているのがほとんどを占めます。
精神面での負担を軽減するためには、病気や怪我を前向きに治療することが必要です。

そうすることで、精神的要因によって引き起こるEDが改善する可能性が高まります。

-ED・勃起不全

Copyright© ステンドラジェネリック通販ナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.