ED治療薬の入手方法は2種類

更新日:

どうしたら、勃起不全(ED)の治療薬を入手することができるのでしょうか。
ED治療薬の購入には、主に2つの入手手段があります。

個人輸入代行サイトで入手する

まず1つ目の方法は、海外製品の輸入代行サイトなどから通販で購入するやり方です。

クリニックや病院などの医療機関に受診する時間がないくらい忙しい方、すでに各種医療機関でEDの治療薬を処方してもらっているものの、いつもの医薬品だけを手軽に手に入れたい方に勧められるやり方です。

各種医療機関からの処方ではないので、使用する際には自己責任が伴います。医薬品の特徴、および副作用や使用方法などについて、しっかりと理解し、その上で購入することが重要です。

ご自宅に配達されることに支障がある場合は、コンビニエンスストアでの受け取りを選択することが可能で、プライバシーを守ることもできます。

インターネットの利用による購入の場合、支払いトラブルを避けるよう、加えて、偽物商品や類似製品に対する最新の注意が必要です。
十分に気をつけましょう。

病院や専門のクリニックで入手

次に、2つ目の方法は、クリニックや病院などの医療機関に受診し、処方してもらうというものです。

EDの基本的な治療は保険外診療となります。
クリニックを受診し、治療薬を処方される「院内処方」で医薬品をもらうことになります。

医薬品の価格設定は、クリニックそれぞれによって異なります。
事前に、受診前の必要金額を確かめたほうがよいでしょう。
基本的には、保険外診療の場合、保険証の提示は必須事項ではありません。
プライバシーを考慮した受診受付を行っているクリニックも増えています。

EDの原因によっては、保険適応となる場合があります。
この場合には、保険証が必要となりますので、各種医療機関を受診する際には忘れずにお持ちください。

通常、EDの治療を進めている病院やクリニックなどの各種医療機関では、保険診療を利用せずに自費診療(自由診療)を選択し、処方してもらうケースが目立ちます。
こうしたケースでは、保険証を提示する必要性はありません。

プライバシーや個人情報に関しても保護されます。
ですので、恥ずかしいなどと感じても一人きりで悩まず、まずは受診してみることをお勧めします。

また、患者さんが抱える疾患によっては、対応も異なります。
働き盛りである40~50代の人たちは、高血圧や糖尿病などをはじめとする生活習慣病に患っているケースがありますし、60~70代の人たちは心筋梗塞をはじめ、不整脈や脳梗塞の経験があるなど治療薬を制限される方もいらっしゃいます。

少しでもEDの不安を感じたなら、自身の体の状態について、事前に医師へ相談することをお勧めします。
相談が可能であることが大きな安心を得ることになります。

もしも、服用した後に頭痛、顔のほてりなどといった副作用の症状を感じた場合にも、素早く相談ができ、服用量を減らす・服用に関するタイミングの変更・服用時の食事内容の変更など、副作用対策を提案してもらえるという利点があります。

ドラッグストアでED治療薬は買えない

ドラッグストアや薬局において、「EDの治療薬をいただけますか」とたずねる方は少ないでしょう。

日本国内では、バイアグラをはじめ、シアリスやレビトラが医療用医薬品として認められています。しかし、ドクターの処方なしには入手できないことになっているからです。

町の薬局やドラッグストアに問い合わせた場合、精力剤をはじめとする成分が含まれたサプリメントや、滋養強壮効果のあるドリンク剤などを勧められるかもしれません。
こうした製品は、すべてEDに対する治療薬とは異なり、あくまでもサプリメントという位置づけです。

したがって、即効性に期待ができるという製品は少ないと言われています。

ドラッグストアで販売されているサプリメントの多くは、どんな人も一度は耳にしたことのある「マカ」をはじめ、「すっぽんエキス」や「高麗人参」などといった成分が含まれた栄養補助食品です。長い目でみると、継続服用を進めたうえで、効果が現れるかどうか見極める必要性があります。

EDに対する治療薬は、頭痛や顔のほてりなどといった副作用が出現したり、心血管疾患や高血圧症を患っている方は安全に服用できなかったりと、ドクターの判断が必要となるケースが多くあります。

だからこそ、処方なしに町のドラッグストアや薬局で、入手できない状況になっています。

ED治療薬の国内通販事情

なお、インターネット上に販売サイトを運営している薬局(いわゆる大手チェーンの調剤薬局やドラッグストアではない薬局です)は、これに当てはまりません。

ED治療に向けた医薬品を手に入れる手段として、国内の通信販売を求める方も目立ちます。
わざわざクリニックや病院などの医療機関に受診せずとも、気軽に入手できるならば、通販が便利という意見もよく耳にします。

通販市場で大きな利益をあげている、誰もがその会社名を耳にしたことのあるAmazonや楽天で購入したい、そしてポイントを獲得し、ためることができるから得であると、考える人たちが多くいらっしゃると思います。
ところが、現時点において、Amazonや楽天で検索しても欲しい医薬品にヒットせず、製品の取り扱いがないというのが実情です。

したがいまして、インターネット上に流通している治療薬の分野においては、ジェネリックと認めがたい医薬品や、そのニセ物も多く出回っています。だからこそ、十分に注意が必要でしょう。

それに加えて、インターネット上で検索すると、サプリメントもヒットしてしまう結果も出ます。ですので、これに関しても注意が必要です。

そうした製品が清潔な環境で製造されているかどうか不明なものもあると言います。
含有成分も、間接的な効果しか出現しないにもかかわらず、医薬品のような有効性をアピールするサプリメントも多く見られます。
EDの治療を進めているにもかかわらず、理想的な性生活の実現どころか、体調をこわしてしまう危険性もはらんでいるのです。

ヤフオクやメルカリで出回っているものに至っては、ニセ物の特定は難しく、すべての製品を検証することは非常に難しい状況です。不可能といっても過言ではないでしょう。

だからこそ、正確な知識を持ち合わせ自分自身に適した製品を正しく服用することで前向きにEDの治療に取り組み、素晴らしいナイトライフの実現を目指せるのではないでしょうか。

-他のED治療薬

Copyright© ステンドラジェネリック通販ナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.