即効性に優れたステンドラの効果

更新日:

即効性に優れたステンドラの効果

現在、第4のED治療薬としてステンドラ(有効成分:アバナフィル)に関心が向けられています。
ステンドラは、バイアグラなどと同じくED(いわゆる勃起不全)に対して効能効果を発揮する勃起薬の一つです。

ED治療薬の主流であるバイアグラ(有効成分:シルデナフィル)やシアリス(有効成分:タダラフィル)、レビトラ(有効成分:バルデナフィル)は7割以上ものEDの改善効果がみられますが、さらに即効性を併せ持つステンドラは、これまでのED治療薬以上の効能効果が期待できると言われています。

ステンドラの効能効果

薬の「効能効果」という言葉については、「効能」と「効果」それぞれの持つ意味合いが異なります。
「効能」は良い結果をもたらす物質の働きのことであり、「効果」はその働きからあらわれる良い結果のことです。

このように、「効能」の結果が「効果」であり、若干ではありますが、意味合いが異なるのです。
そこで今回はあえて、「効能」と「効果」を分け、ステンドラについて解説をしていきましょう。

ステンドラの効能

まず、ステンドラの「効能」は、有効成分であるアバナフィルがもたらす、EDの改善への働きです。

実はEDの症状には様々なものがあり、完全な勃起不完全(いわゆるインポテンツ)、中折れ、遅漏(射精に至るまでが遅すぎる)、早漏(射精に至るまでが早すぎる)、勃起力が低すぎて挿入できないなど、これらすべてがEDの症状として挙げられます。

このうちのどれかの症状に対し、良い結果を体感できれば、ステンドラにはEDに「効能」が認められるということになります。

なお、医薬品というものは、膨大な開発費をかけたうえで、綿密な臨床検査(治験など)を経ない限り、国からの承認が下りません。
その臨床検査について、半数以上の改善事例があったことで「効能」を認められるという判断が下され、実際に処方されることになります。

この「効能」については個人差があるために、実際に処方をしながら「効果」があるかどうか、確認していくことになります。

バイアグラやレビトラに劣らない「効果」に、ステンドラの魅力である即効性が加わることで、EDに対する改善の「効能」が高く期待できる医薬品であると言えます。

もちろん、「効能」を実感するためには薬の正しい服用が必要です。
注意書きなどをよく読んで使用しましょう。
なお、個人輸入代行業者などから購入する場合、日本語訳の注意書きが備わっている、もしくは販売サイトで薬剤情報について明示されている業者を選ぶほうがよいでしょう。

ステンドラの効果

「効能」に続き「効果」ですが、ステンドラはEDに対する改善の「効果」も認められています。
つまりは、臨床検査(治験など)の結果、先に挙げたEDの様々な症状に対して何かしらの良い結果が実際に認められる、ということになります。

臨床検査の結果をレビトラと比較をしても大差はなく、8割近くEDに対する改善が見込まれています。

またED治療薬にみられる頭痛、顔のほてりなどの副作用ですが、シリアスと同等に少ないということが欧米の臨床検査で判明しています。このように、即効性と副作用の少なさから、ステンドラは利便性に優れバランスがとれているED治療薬と言えるでしょう。

とはいえ、いまだにバイアグラ(またはバイアグラジェネリック)がED治療薬の主流であり、ステンドラがFDA(アメリカ食品医薬品局)に承認されたのは2012年なので、安全性を確認するためにも、日本での正式な承認が待たれるところです。

ステンドラの有効成分アバナフィルの薬効薬理

EDの原因として、器質性ED(病気、外傷を原因をするもの)と心因性ED(精神的なストレスを原因とするもの)の2つに分類できますが、心因性EDの場合は、ED治療薬に「効果」が認められず、精神科(または心療内科など)にて治療をすることもあります。

さて、薬効薬理とは薬としての効果を確認したデータであり、様々な試験(動物実験や臨床実験など)によって抽出されます。
このデータは、日本の厚生労働省もアメリカのFDAも薬として承認するために最重要視される事項で、正式には試験結果はもとより試験方法まで検討されます。

ステンドラの有効成分であるアバナフィルは、日本ではまだ正式な承認が下りておらず、エビデンス(科学的根拠)についても英語版のみ存在しています。
そこで、実際に医療機関で確認されたエビデンスをもとに、アバナフィルの薬効薬理について、この項目で解説していきます。

既存のED治療薬の中でも最速であったレビトラは、服用開始から約30分後に効果がでるとされているのですが、ステンドラについては、200mgの服用後、その半分の15分後に効果が出るとされています。

全てのED治療薬において、PDE5(ホスホジエステラーゼ5)という酵素の働きを鈍らせる薬効薬理が認められ、この作用により陰茎の動脈への血流を阻害するのですが、ステンドラはこれまでのED治療薬に比べこの効果に即効性があることは先に述べたとおりです。

また、PDE5は食事の影響(特に飲食物の脂肪分に吸収されやすい)を受けやすく、バイアグラやレビトラは食後十分な時間をおいて薬を服用する必要がありましたが、ステンドラの有効成分であるアバナフィルは食後2時間の経過で服用ができ、その後15分後で効果が現れます。

これまでのED治療薬より即効性が高く時間の制約が短いのですから、利便性が高くなったと言えます。

ステンドラの臨床データ

この項目では、ステンドラの作用と影響について、実際の臨床データから検証していきます。
ステンドラの有効成分であるアバナフィルは、服用する量によって血流濃度が上昇するタイミングが変わります。

200mgであれば15分、100mgでは30分、50mgでは45~60分ほどでED改善の効果が出てくるため、即効性を求めるのであれば100mgから服用をし、効果が出てくるタイミングを調整するのが良いでしょう。

なお、英語版のエビデンスから引用すると「高脂肪食とステンドラ200mgを一緒に摂取した場合、1.12時間~1.25時間程度でTmax(投与後に血液中の濃度が最高値に達するまでの時間)は延長し、Cmax(有効成分の最高血中濃度の値)は39%減少する」との記載もあります。

バイアグラについては「食後の服用によって、薬1.8時間でTmaxは延長され、Cmaxは42%減少する」との記載もあるため、バイアグラと比べ軽微な改良にとどまっている可能性もあります。

-ステンドラ

Copyright© ステンドラジェネリック通販ナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.