鋭く強靭な勃起力を促すバイアグラ

更新日:

鋭く強靭な勃起力を促すバイアグラ

バイアグラが1998年にED治療薬として認可されたのは米国が世界で最初です。

米国では、食料品・医薬品に対して科学的根拠を集約してFDA(アメリカ食品医薬品局)と呼ばれる行政機関で認可したり、違反品の取り締まりを行ったりしており、FDAでは常に患者の状態を検査しており、その検査はとても厳格なものです。

日本で米国のFDAと同じような役割を果たしているのは厚生労働省で、日本人の体や生活に深刻な事態を起こさないか見極めるために、欧米が許可した医薬品をさらに3年から5年検査を行いますが、米国が販売を始めてから1年もたたないうちにバイアグラは日本でもかなり早い期間で認可が下りました。

それには、米国での治験においてバイアグラが80%近いEDに対する効果があり、深刻な副作用が軽微であったという情報が開示されていたことだけではなく日本で品質の悪いバイアグラを輸入した人が体調に異常をきたす例が何件もあったことが、早い段階で認可された理由として挙げられます。

ですから、世界でもかなり重要な二つの機関が認可したバイアグラは、当時としてもかなりの効果が期待されている医薬品であったと言えます。

バイアグラの持つ効果

バイアグラは、服用1時間ほどで効果が発現し、強力な勃起を促す薬効が約5時間あらわれるED治療薬です。

なお、医薬品の但し書きにはたいてい「効果・効能」と括られて記されていますが、この効果と効能という言葉は実は似ているようで違うものであることをご存知でしょうか。

効能には薬を服用した時に得られる働きという意味があり、効果には薬を服用した時に得られる好ましい結果や薬の服用によって期待できることという意味があります。

ですから、「バイアグラを服用したときにどんな好ましい働きが得られるのか」という疑問に対して「PDE5(ホスホジエステラーゼ5)の阻害」、「陰茎並びに循環器への血流改善」が効能であり、「その結果、EDの治癒が可能」であるということがバイアグラの効果となります。

ED治療以外でも期待されるバイアグラ

EDには精神的な原因のものと体の病気が原因のものがあります。

原因となる精神的な要因として、「LOH症候群」、「うつ病」、「不眠症」」、「統合失調症」、「パニック障害」、「倦怠感や慢性疲労感」、「認知症」などがあります。
また、体の病気としては、「成人病(糖尿病や高血圧)」、「坐骨神経痛」、「狭心症、心筋梗塞などの虚血性疾患」、「下肢静脈瘤」などがそれに当たります。

また、今はまだ研究の途中ですが、狭心症や心室中隔欠損症、動脈管開存症、開胸手術や人工心肺手術後の回復など、肺性高血圧症以外の循環器疾患への改善効果も見込まれています。
そしてEDの治癒によって、やる気が出て、「抑うつ状態」、「慢性的な疲労感、倦怠感」というような心の病気にも効果が出てくる期待も高まっています。

精神的な疾患が原因のEDに関しては、バイアグラ以外に、専門的な投薬治療(向精神薬、抗鬱剤)やカウンセリングなどを同時に行うことが望ましいとされています。
また体の病気が原因のEDに関しては成人病が大きな原因となっており、特に糖尿病の方の発症率が高いこともあるので、成人病を治すことが優先されます。

しかし、こうした病気に対する効果を得るためのバイアグラの服用には、ED治療のような一時的な服用ではなく続けて服用することが必要とも考えられています。様々なデータを蓄積していくことが不可欠となっているため、今後の展開に期待している人は少なくないでしょう。

バイアグラの効果を裏付ける臨床データ

日本で認可されているバイアグラは25と50(mg)ですが、他の国は100mgもEDの薬として認可しています。

ここからは日本国内で入手できる25と50(mg)の数値の変化からバイアグラの体への影響について考察します。

  • 健康な大人20人がシルデナフィル25、50、100、150(mg)を1回服用した時の最高血漿中濃度はそれぞれ105、192、425、674(ng/mL)だった。
  • 0時間から最後に測定することができた時間までの血漿中濃度?時間曲線下面積はそれぞれ231、504、1148、1977ng(hr/mL)で、服用量に比例して増加した。
  • 血漿中のシルデナフィルは終末相での消失半減期(tl/2)3.23~3.31時間ですぐに消えた。

このデータから分かったことは、バイアグラを服用して血中濃度の半減期になるまでどのくらいの時間だったか、そして25、50(mg)どちらも効果が完全になくなったのは約3時間後だった、また服用した量に比例して血中濃度も増えた、ということです。

血中濃度がシルデナフィルの配合量に比例して増えるといっても効果が増したことを体感することは難しいと思いますが、2、3時間効き目が続くことに違いは無いようです。

ジェネリック薬品は50mgが現状では主流ですので、日本では通常バイアグラも25mgより50mgを処方します。

25mgで十分に効果を得られるのにわざわざ50mgに増やす必要はありません。
さらに50mgでも効果がある時間や利き方に大した違いはあらわれませんので、50mgまででしたら増やすことに敏感になる必要はないでしょう。

-他のED治療薬

Copyright© ステンドラジェネリック通販ナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.