早漏改善効果のある「スーパーアバナ」

更新日:

早漏改善効果のある「スーパーアバナ」

サンライズレメディーズ社(インド)販売の「スーパーアバナ」は、勃起不全(ED)治療と早漏改善効果を併せ持つ医薬品で、有効成分としてアバナフィルとダポキセチンを含みます。

アバナフィルは勃起不全(ED)治療薬「ステンドラ」、ダポキセチンは早漏改善薬「プリリジー」の名称でそれぞれ販売されているので、聞き覚えのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

勃起不全(ED)の症状に悩む方の中には、早漏の悩みも抱えている方が少なくないと言われていますが、スーパーアバナは服用後約15~30分で勃起効果を現し始め、その後4~6時間にわたって勃起を持続できる勃起不全(ED)治療の効果と、射精到達までの時間を3倍以上に延長する早漏改善の効果の両方が期待できる医薬品です。

したがって、ーパーアバナは勃起不全(ED)と早漏の悩みを一度に解消しうるまさに一挙両得の医薬品と言っても過言ではないでしょう。さらに、スーパーアバナには食事の影響を受けにくい点と、ジェネリック医薬品のため低価格という魅力もあります。

スーパーアバナの服用方法

有効成分であるアバナフィルが15~30分、ダポキセチンが30~60分でそれぞれ効果を発現し始めることを考慮すると、服用は性行為の少なくとも30分前のタイミングが望ましいです。

なお、水(もしくはぬるま湯)以外で服用すると上記有効成分の効果発現へ影響することもあるので注意しましょう。

初回服用における推奨用量は、アバナフィル50㎎・ダポキセチン30㎎とされていますが、薬効の発現には個人差があるため、副作用が強いと感じる場合はピルカッターで薬剤を1/2もしくは1/4にカットしてみるという方法もあります。
なお、より強力な薬効を求めて適正な使用量を超えて服用しても副作用が増大するだけですので、留意してください。

スーパーアバナはバイアグラよりも食事の影響を受けにくい医薬品とされてはいますが、空腹時の服用がより効果的です。
中でも脂肪分の多い食事は有効成分アバナフィルの吸収を阻害する要因となるので、食後の服用を考えている場合は脂っこいメニューを避けるのがベターでしょう。

スーパーアバナの有効成分であるアバナフィルは血管を拡張して血圧を降下させる作用があるため、脱水状態時の服用は有効成分の急激な吸収を招き、めまいや失神等を惹起する危険があります。
したがって、大量の発汗や下痢等で体内の水分が乏しい際は、十分に水分補給してから服用するようにしましょう。

なお、アルコールは有効成分ダポキセチンの副作用である吐き気やめまい、失神及び眠気の発現を助長するので、服用に当たっては注意しなければなりません。
言うまでもなく、自動車の運転や危険を伴う機械の操作は避けてください。

スーパーアバナの持つ副作用

スーパーアバナの服用で生じうる副作用を列挙すると、頭痛、顔面の紅潮・火照り、目の充血、鼻詰まり、めまい、動悸、眠気、口渇及び起立性低血圧によるふらつきや全身の痺れ感等がありますが、これらは全て有効成分のアバナフィルによる血管拡張作用に起因しています。

これらの副作用は時間の経過とともに血中濃度が下がれば自ずと消失するので心配ありませんが、自動車の運転や危険を伴う機械の操作及び高所での作業は避けるべきでしょう。

また、アバナフィルと併せて配合されているダポキセチンには下痢や吐き気といった消化器系の副作用が報告されているので、当該副作用出現の際には水分を多めに摂取するなどして脱水防止に努めてください。

さらに、勃起が収束しない「持続勃起症(プリアピズム)」の出現事例も少数ながら報告されています。
勃起が4時間以上続くと海綿体組織が酸素不足に陥り、最悪の場合陰茎が壊死してしまうので、速やかに医療機関を受診してください。

スーパーアバナの薬効が強すぎると感じる場合は、ピルカッター等で1/2または1/4にカットして服用量を調整することで対処できますが、副作用が24時間以上消失しないは医師の診察を受けるべきです。

スーパーアバナ服用の注意

次に挙げる人は、服用禁止もしくは注意を要するので、あらかじめ医師に相談しましょう。

  • アバナフィルの服用によりアレルギー症状が出現した経験を持つ人
  • 薬理上の併用禁忌剤である硝酸剤(ニトログリセリン等)、経口抗真菌薬(ケトコナゾール、イトラコナゾール等)、抗生物質(クラリスロマイシン、テリスロマイシン、エリスロマイシン等)、高血圧治療薬(α遮断薬等)、HIV治療薬(インジナビル、リトナビル、サキナビル、アタザナビル等)を服用中の人
  • 狭心症等の心疾患に罹患もしくは既往のある人
  • 過去6か月以内に心臓手術を受けた人
  • 脳卒中の既往を持つ人
  • コントロールされていない高血圧もしくは低血圧を有している人
  • PDE5阻害製剤を含む他の勃起不全(ED)治療薬と同時に服用しようとする人
  • 肝機能障害を有している人
  • 腎機能障害を有している人及び人工透析を受けている人
  • 血液疾患(鎌状赤血球性貧血、多発性骨髄腫、白血病等)に罹患している人
  • 出血性疾患(胃潰瘍、活動性消化性潰瘍等)に罹患または既往のある人
  • 陰茎に変形や器質的疾患を有している人
  • 網膜色素変性症に罹患している人
  • うつ病、双極性障害、統合失調症、てんかん等の精神神経疾患に罹患している人及び抗精神病薬等を服用中の人

併用注意

服用時に以下のものを併せて摂取する場合は注意を要します。

  • グレープフルーツ果汁 有効成分の分解を妨げるため血中に成分が長く留まることになり、結果として薬効が強く出現し過ぎることになります。
  • 脂質 腸壁に付着した脂質が有効成分の吸収を妨げ、薬効発現に支障を来します。
  • 過度なアルコール めまいや吐き気等の副作用出現を助長します。
  • 抗精神病薬及び抗うつ薬等の精神疾患治療薬 ダポキセチンと薬効が輻輳し、精神状態や気分に影響する場合があります。
  • 高血圧治療薬全般 血圧の過度な下降を来す恐れがあります。
  • 一部の抗真菌薬
  • 一部の抗ウィルス剤
  • 一部の抗生物質
  • その他一部の制吐剤等

このようにアバナフィルは比較的併用禁忌薬が多いため、服用中の薬と併用可能か心配な場合は医師にあらかじめ相談することをお勧めします。

スーパーアバナを服用できない人

次に挙げる人は、スーパーアバナを服用してはいけません。

  • アバナフィルの服用によりアレルギー症状が出現した経験を持つ人
  • 硝酸剤(及び一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル等)を服用している人
  • 抗真菌薬(ケトコナゾール等)を服用している人
  • 心筋梗塞及び狭心症等の心疾患に罹患もしくは既往のある人
  • 過去6か月以内に心臓手術を受けた人
  • 心血管系の疾患により性行為の身体的負荷に耐えることが難しい人
  • 性交中に胸痛を覚える人
  • 脳卒中の既往を持つ人
  • コントロールされていない高血圧もしくは低血圧を有している人
  • 中等度もしくは重度の肝機能障害を有している人
  • 腎機能障害を有している人及び人工透析を受けている人
  • 血液疾患(鎌状赤血球性貧血、多発性骨髄腫、白血病等)に罹患している人
  • 出血性疾患(胃潰瘍、活動性消化性潰瘍等)に罹患または既往のある人
  • 陰茎に変形や器質的疾患を有している人
  • 網膜色素変性症に罹患している人
  • 非動脈性虚血性視神経症に罹患している人
  • うつ病、双極性障害、統合失調症及びてんかん等の精神神経疾患に罹患している人及び抗精神病薬等を服用中の人

アバナフィルは併用を禁じられている薬が比較的多い医薬品です。服用中の薬がある場合は主治医や薬剤師に必ず相談しましょう。

併用禁忌薬

スーパーアバナの併用禁忌薬は以下のとおりです。

  • 硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤 ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド、ニコランジル等
  • 可溶性グアニル酸シクラーゼ刺激薬 リオシグアト
  • 抗不整脈薬 Ia群(キニジン、プロカインアミド、ジソピラミド、シベンゾリン等) III群(アミオダロン、ソタロール等)
  • 抗HIV薬 リトナビル、インジナビル、アタザナビル、サキナビル、サキナビルメシル酸塩、ホスアンプレナビル、ロピナビル・リトナビル、ダルナビル等
  • 抗真菌薬 ケトコナゾール、イトラコナゾール、フルコナゾール、ボリコナゾール等
  • 抗生物質 クラリスロマイシン、テリスロマイシン、エリスロマイシン等
  • MAO阻害剤 セレギリン塩酸塩、ラサギリンメシル酸塩等
  • 亜硝酸アミルや亜硝酸ブチルを含有する健康食品及びサプリメント
  • セントジョンズワート(セイヨウオトギリ)を含有する健康食品及びサプリメント
  • オピオイド系鎮痛剤 トラマドール等
  • 抗うつ薬 SSRI(パロキセチン、セルトラリン、フルボキサミン、エスシタロプラム)、ネファゾドン等

アバナフィルの併用禁忌薬は、他の勃起不全(ED)治療薬と比べても広範囲に及びます。持病の投薬治療を受けている場合、必ず併用の可否を主治医や薬剤師に相談すべきでしょう。

また、医薬品の研究開発は日進月歩で常に進化し、新しい成分や製品が続々と開発・販売されます。
上記に登載されていない新薬をアバナフィルと併用する場合、可能な限り医師・薬剤師に相談することを推奨します。

スーパーアバナは通販で購入可能

スーパーアバナは海外で製造販売の承認を受けている医療用医薬品なので、日本国内の薬局やドラッグストアでは販売されていません。

海外で流通している医薬品を入手するには個人輸入という方法がありますが、手続等が煩雑なため実際には輸入を代行している業者を通じて購入するのが一般的です。
したがって、海外で製造販売されているスーパーアバナやステンドラ等の勃起不全(ED)治療薬も、このような個人輸入代行業者を通じて購入することとなります。

生活圏内に勃起不全(ED)治療薬を処方している医療機関がない人や、普段多忙で医療機関を訪れる時間がない人にとって、自宅に居ながらにして個人輸入代行業者のインターネットサイトから勃起不全(ED)治療薬を購入できるということは大いなる魅力と言えるのではないでしょうか。

また、日本国内ではお馴染みのバイアグラやレビトラ、シアリスといった勃起不全(ED)治療薬の海外製造版も購入可能ですが、同じ製品名であっても海外製造版には国内製造版より多くの有効成分を含む製品がラインナップされている場合があります。
つまり、海外製医薬品の購入を視野に入れて検討することで、自分に合った製品をチョイスできる可能性を広げられるとも言えるでしょう。

さらに、海外製の勃起不全(ED)治療薬は日本国内で製造されている製品に比べて全般的に安価なため、経済的負担が重荷になっている人や、使用頻度が多い人は個人輸入代行業者での購入を選択する割合が高いようです。

海外製医薬品の購入と服用に当たっては、購入の検討段階から当該医薬品の正しい服用方法や使用量、副作用、併用禁忌薬等に関する情報の的確な収集が必要不可欠であると同時に、万が一何らかのアクシデントがあった場合も自己の責任をもって対応する姿勢が求められます。

しかしながら、海外製医薬品には価格面やバリエーションの豊富さをはじめとする多くのメリットが存在するのも事実であり、非常に魅力的な選択肢であることは確かでしょう。


-ステンドラジェネリック

Copyright© ステンドラジェネリック通販ナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.